スマホは大きくなりすぎた。

light Phoneとゆう端末の紹介記事を見ました。

今でこそスマートフォンユーザーは当たり前になり

シニア世代から小学生まで持ち歩ける時代ではあります。

 

ディスプレイは拡大し

SNS クレジット機能 動画視聴

様々なユーザーのニーズに応えるために高いスペックと

鮮やかなディスプレイを搭載します。

 

あらゆる面で機能性が向上し

バイスとしての品質に限らず

ネットワークやキャリアを通してのサービスは向上し

私自身もその恩恵に携わっています。

 

繋がってることが当たり前、

繋がってないと不安になる。

 

コンパクトに持ち運べるパソコンとして製造されたのがスマートフォンならば

現時点でスマホはコンパクトとは言いがたく

初代iPhoneの発売された2000年代に比べて

随分人間の生活を変容させました。

 

Amazon楽天市場でいつでも買い物もできます。

クレジットカードとして使えます。

映画や航空機やレストランの予約はいつでも・・

電子書籍を使えば図書館を携帯でき

音楽は定額制でいくらでもダウンロードできる。

 

スマホは便利になりすぎた。

だからこそ不安を感じます。

もし川に落としたら

事故で破損した状態になったら。

個人情報はダダ流れだと気付いているユーザーはどのくらいいるのか。

不安です。

 

僕が初めてiPhoneを利用したのが

2011年?

その頃にリリースされたiPhone4でした。

現在使ってる端末とは比較にならないほど

CPUもメモリもアプリケーションも

簡易的でしたが

指でなぞると動く!!

っと衝撃を受けました。

 

・・長いこと友人と長電話してないんですよね。

 

以前ガラケー全盛の時期には電話が好きなだけかけられるとゆう条件で

夕方以降数時間学校の仲間と電話で雑談してました。

 

それが良かったか悪かったかは別として

効率化が進み。

世の中はめまぐるしいほど規制や情報化が進みました。

 

スマホユーザーの数だけ高性能なビデオカメラを持っています。

駅で喧嘩してる人がいたら周囲で仲裁に入らず

撮影してる人が多いです。

 

やはり時代は変わりました。

 

 

今回、記載したかったlight Phoenは

一般的にサブディスプレイのように携帯する

サブのスマホですね。

その内容的に

必要最低限に機能を絞っている点で

スティーブ・ジョブズが発表した初代iPhoneのような仕様になっています。

発売は未定のようですが。

 

 

多機能性が強く前推しされた現在のスマートフォン

ポケットに収まるパソコンではなく

小さめのパソコンと個人的に感じます。

 

もちろんそれは良いことでもありますし、

効率化された現在

簡単に情報が手に入るのは素晴らしいことですね。

買い物やレストランの手配やクレジット機能も素晴らしいとは思います。

あくまで僕個人の感情に従い記載させていただきました。

 

今回も閲覧ありがとうございます。

ベグヤ の独断と偏見で考察をさせていただきました。